efoの役割は負担の軽減

まずefoの役割としては、顧客の手間を軽減させるために利便性をあげることです。こちらはどういったことかというとまず入力箇所を少なくすることです。入力数の項目の多さによって顧客が負担を感じ、入力する以前に離脱する可能性があるからです。入力数は最低限にしぼり入力箇所をまとめることにより項目数も減らすことができます。

また住所などを入力するのも手間をかけるものなのでここに自動入力機能を導入などをしてそこをサポートすることにより負担を軽減することもできます。そうした機能があるのとないのとでは手間も時間も全く異なりますので、考えてみるのもひとつの手になるのではないでしょうか。

入力ミスなどがありそれに気づかず送信したあとにそこのミスのため完了にならず再度最初から入力ということは少なからずあるのではないでしょうか。ただでさえ時間がかかるのにまたやり直しだとやる気をなくしてしまい離脱する人もおおいかと思います。そういう時にリアルタイムで入力エラーを指摘してもらえればそうしたストレスや負担をなくすことにつながってくれます。

よく重宝されるのがサジェスト機能といわれているものです。これは例えばメールアドレスなどを入力する際、全てを入力し終わる前に提案表示をしてくれる機能のことです。こういった機能があるとそこの部分を入力する必要性がないため、負担をかなり軽減させることができます。