efoの重要性

efoはアラート機能や入力する際に補助や支援などの機能を表示してくれるものです。しかしそれ以上に重要なものがあり、それは顧客がログしたデータを保存してフォームの離脱解析ができることです。

いくら入力フォーム最適化といってももともとどこでミスをしたり負担になったりするのかがわからなければ最適化することはできないかと思います。やみくもにフォームの改修を繰り返しても大元がわからないと対応できませんし、効果も上がるとは限りません。

そうした時、顧客がログしたデータから、いろいろな項目のエラー発生率や離脱したタイミングやその原因となる条件など様々なデータを詳細に得ることができることによって、顧客がどこで心理的負担が発生しているのかがわかり、項目などの改善策などを図ることが可能となるのです。efoはそういう機能も持っています。

自分の判断や先入観により、ここは長いから入力しにくいとか数字より漢字の入力に時間がかかるなどが顧客にとっては負担だと思ったりすると大きな落とし穴になっているかもしれません。感じ方は人それぞれであるので、ちゃんとした分析をするにはやはり数値化にすることは重要ではないでしょうか。そういう意味においても、efoの役割はとても重要なものになってきますので、この導入は必要不可欠なのではないでしょうか。

efoの役割は負担を取り除く

ほかの役割としてはイライラとするような感情を持たせるものを取り除くことです。必要な項目のところに必須と書いてなかった場合、入力しなかった顧客はそこでエラーとなり再度やりなおしということが起きてしまいます。必要なものは必須項目として、そうでないもの、たとえばアンケートなどは任意項目というような感じでわかりやすくすることでユーザーの負担をなくすことができます。

また入力するところの幅がせまいとたまに入力している箇所を見失ったりすることもあります。さらに携帯からの入力することも考えうることかと思います。そういったときに誤タップを防止することも考え幅を広くしたほうがいいのではないでしょうか。

入力例を記載しておくのもいいのではないでしょうか。そういった入力例を表示していないフォームというのはエラーやミスが多くでる可能性はありますので、どういう形で入力したらいいかなどの例として表示してあげればミスも減らせるかと思います。

入力しているところの項目の色を変えることも顧客にとってはうれしいことではないでしょうか。どこまで入力したかが一目みてわかることにより、探すわずらわしさも取り除けるようになりますので、うれしい機能だと思います。また入力完了までの流れも示すことによって顧客もどこまで完了しているのかがわかり、離脱することを防ぐことができます。

efoの役割は負担の軽減

まずefoの役割としては、顧客の手間を軽減させるために利便性をあげることです。こちらはどういったことかというとまず入力箇所を少なくすることです。入力数の項目の多さによって顧客が負担を感じ、入力する以前に離脱する可能性があるからです。入力数は最低限にしぼり入力箇所をまとめることにより項目数も減らすことができます。

また住所などを入力するのも手間をかけるものなのでここに自動入力機能を導入などをしてそこをサポートすることにより負担を軽減することもできます。そうした機能があるのとないのとでは手間も時間も全く異なりますので、考えてみるのもひとつの手になるのではないでしょうか。

入力ミスなどがありそれに気づかず送信したあとにそこのミスのため完了にならず再度最初から入力ということは少なからずあるのではないでしょうか。ただでさえ時間がかかるのにまたやり直しだとやる気をなくしてしまい離脱する人もおおいかと思います。そういう時にリアルタイムで入力エラーを指摘してもらえればそうしたストレスや負担をなくすことにつながってくれます。

よく重宝されるのがサジェスト機能といわれているものです。これは例えばメールアドレスなどを入力する際、全てを入力し終わる前に提案表示をしてくれる機能のことです。こういった機能があるとそこの部分を入力する必要性がないため、負担をかなり軽減させることができます。

efoとは何なのか

efoという言葉を聞いたことはありますか。この言葉はEntry Form Optimizationの略称で入力フォーム最適化という意味になっております。よくウェブサイトで会員登録などでユーザーの個人情報を入力する場合が多いかとおもいます。その際に、入力項目の多さや仕様などがわかりづらいといった理由でそれをストレスと感じてしまい途中で入力することをあきらめてしまってそこから離脱してしまうというケースがかなり多いのです。

このefoとは入力ホームをアシストすることにより、ストレスを解消させ途中での離脱を軽減し確実に申込みを完了してもらう施策のことをいいます。こうすることにより顧客を最後まで導き登録完了することができ売上等にもつながっていくことになるのです。

逆にこの機能がないとせっかくWebサイトを制作したとしても登録完了までにストレスなどを感じてしまい途中離脱する人が多く、それにより売上にも影響されてしまい、その効果を最大化することはできないのではないでしょうか。

efoを導入することにより、サイトにきた顧客が買う意欲を高め、購入や会員登録をしようと入力ホームまできながら、その入力の手間暇やミスなどによりストレスを感じることによりモチベーションが下がり離脱することを防ぐ役割をもっているのです。着実にアシストをしながら導いてくれるからこそ顧客はあまりストレスを感じることなく登録することができるefoはとても重要なものなのです。